スポンサーリンク

イタリアの水道からワイン出る説は本当だったww

この記事は約2分で読めます。

嘘から出た誠、ミスから出たワイン

ドイツって水道ひねったらビール出るんでしょ?とかはよく言う。アメリカならコーラ。イギリスなら紅茶。日本なら醤油。それがイタリアならワイン。こーゆー国ジョークはよくあるが、まさか本当だとは思わなかった。日本も早く水道から醤油が出せるようにもっと頑張るべきだ。日本だけ飲み物じゃないんですがそれは……細かいことは気にしてられない。

実際のところは、ワイン醸造所のミスなんだそうだ。何がどうなって民家の水道にきちゃうのかは謎だが、このワインは辺り一帯の水道から3時間流れ続けたという。地元のワイン醸造所のワイン。きっと美味しいはず。普段売っているものがタダで流れてくるザ・無限ワイン。ポットや何かにとっておいた住民はいたのだろうか?

でも、実際、突然赤い液体が水道から出てきたら結構恐怖だよね……。よりによって赤って……。

「え?ワインだったの!?マジかーとっとけばよかった!」って今悔しがってる人いるだろうなぁ(笑)

コロナと戦うイタリア、副町長の気持ちいいコメント

水道からワインの町・副町長はCNNに

「笑うべき材料がほとんどない世相の中で、我々が笑みがこぼれるような軽はずみな出来事をもたらしたことはうれしい」

と述べたと言う。明るい!「軽はずみ」と軽くたしなめつつも愛あるポジティブなコメント!

真面目な話をすると「笑うべき材料がほとんどない世相」とはコロナのことだ。今、イタリアも日本と同じくコロナウイルスの影響で暗いムードが流れている。中でもこの町は被害のひどい地域だそう。本当に毎日笑えるニュースがなくて滅入る気持ちはよく理解できる。

最近の日本なら町のトップが軽はずみ発言をした「自粛」「不謹慎」とまた騒ぎ立てそうなコメントだが、このくらい明るい方がいいと思う。さすが陽気なイタリア人だ。

いつの日か水道からワインの町・カステルベトロへ

さらに前出の副町長は「いつの日か今回のことを思い出し町を訪ねてもらえたら」と締め括った。素晴らしい。

水道からワインも面白かったが、この副町長のお洒落なコメントを見て、このニュースをお気に入りにブックマークした。

「いつの日か」というところに少し哀愁も感じた。きっと現状は観光客を呼べる状況ではないのだろう。でも、それでも、日常起こる小さな出来事で笑おうとする心が素晴らしい!久々に楽しいニュースが見れた。

いつか本当に行ってみたい水道からワインの町!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました