スポンサーリンク

芸人Exitのザイマンがおじさんのオレ達でもテンションぶち上がる理由〜

この記事は約3分で読めます。

あのさあー今セカイがコロナでやべぇことになってんじゃん?もっとお笑い芸人のこととか話して、笑いのバイブスぶち上げていけば、明るい世の中になんじゃねーの?って思う今日この頃の俺だ〜

間違いナイトプール!

お笑い芸人第7世代でダントツのEXIT

  • お笑い第7世代と言われているのは、ぺこぱ、霜降り明星、EXIT、四千頭身、宮下草薙辺り。最近のアメトーークでよく見るメンツだ。
  • 中でもEXITの勢いがダントツ。霜降りはM-1とったのが一年早かった分現在の第7ブームには後乗りな気もするし、テンション低い系の四千頭身・宮下草薙は確かに最近ぽいけどそもそもテンション低いのがウケているため「勢い」という言葉とは遠い。じわっとくる系であって、お笑い世代をぐいぐい引っ張っていく系ではないのだ。
  • そこでスタイルが新しかった、かつ、キャラ立ちもしているのが、残るEXITとぺこぱの2コンビだ。そして、まだまだ謎多いぺこぱ(特にボケのしゅんぺいのキャラが不思議すぎ)に比べて「俺たちがお笑いに新しい風吹かすぜー」という信念も強いのがEXITとなる。

EXIT、若い女子に人気なだけかと思ったらおじさんにも人気だった

  • かねちのイケメン具合とチャラ男という芸風から「EXITは若い女性狙い」というイメージが強いが、実はおじさん達にもヒットしている。最初自分がEXITにハマり散らかしていて「なんだ、俺若いやんけ」と思っていたら、近くのバーでアラフォー達がEXITを推してきて愕然とした。別に俺の感性は普通のおじさんだった。
  • というか、YoutubeのEXITチャンネルを徘徊していたら、「最初にEXITを応援してくれていたのはおじさん達だった」と本人二人が語っていた。マジか。やっぱり元祖ダウンタウン世代のおじさんのお笑い力はあなどれない。

芸人EXITの魅力1:りんたろーとかねちのキャラ

  • ツッコミ・りんたろーの滲み出る優しさとボケ・かねちの可愛さがあの芸風を見事に緩和している。他芸人とのコラボを見ていたら、あのチャラ男の芸風は普通に見てるとまあまあ腹が立つ。
  • なんとなく人を不快にさせない絶妙なバランスというか空気感があの二人にはあるのだろう。

芸人EXITの魅力2:優しいボケと優しいツッコミ

  • ツッコミ・りんたろーの優しさは先に述べた通りだが、相方のかねちも同じく優しい雰囲気をまとっている。大体がチャラ男世代は日本男尊女卑世代の男達よりやさい。優しい。
  • ぺこぱがよく言われているが『誰も傷つけないツッコミ(笑い)』が第7世代には求められている。EXITは根のお笑い観には尖っているところがちゃんとあるが、世間が癒しを求めはじめちゃってる。それにはノッていくのが彼らのやり方で見事に成功している。

芸人EXITの魅力3:チャラ男のワードセンス

  • EXITの漫才は「バイブスぶち上げる」「ハマり散らかす」「記憶がファラウェイ」などワードセンスで笑ってしまうところが多い。ボケツッコミ箇所以外の普通の喋りでくすっとなる。このワードセンスはEXITもだが、女子高生やチャラ男のセンスの賜物か。
  • ノリもいいからつい言いたくなってしまう。「PONPONPON〜!!」とか言ってると仕事とかどーでもよくなるような気するし(笑) 最近取引先に理不尽なことを言われると「ハイハイハイ、PONPONPON〜!」と秒で返すことにしている。心の中で。

最近一番ハマり散らかしたExitのコント

  • ニュースをもっと面白くしようというコントにて

「緊急速報です、俳優の十文字パイセンが本日ヘブンに召されました〜おつかれっしたあー!」

おつかれっしたあー!!!

自分のお葬式はこんくらいのテンションでブチあげたい。

【吉本最速ルミネ単独eleven】での漫才『ニュース』をお届け‼︎

追伸:おつかれっしたあー!!!ver と おつかレーション♪verがあるが、もやし2号は前者のが好きである。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました